主婦でも稼げるスマホ副業 | 在宅ワークやスマホワークで詐欺被害や危険な詐欺業者から身を守るポイント | タップアンドクリック(タプクリ)の口コミ

タップアンドクリック(タプクリ)の口コミ評判調査!主婦でも稼げる副業案件?

仮想通貨(暗号資産)をざっくり解り易く説明

time 2021/05/15

 [ビットコイン]と言うワードは、なにがしかのメディア等で聞いた事があると思いますが、仮想通貨と呼ばれていましたが、現在は[暗号通貨]という名称で呼ぶのが業界の流れです。
ビットコインをはじめとして、ビットコイン(Bitcoin)・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)・イーサリアム(Ethereum)・ライトコイン(Litecoin)・リップル(Ripple)という名称の暗号通貨等が有名で安心して手を出しやすいかと思います。
ビットコインとビットコインキャッシュって違うのかな?と誰もが始めは考えるかもしれませんが、ビットコインの取引量の増加から起こった、取引スピードの物理的低下が起きたために、ブロックサイズ(後述ブロックチェーン)を大きくする事で、拡張可能性を高く保ち、スムースな取引が出来る様になりました。

 暗号通貨とは、現物の無い電子データ資産で、日本円の様に国等による保険がありません。そのため全ての取引はブロックチェーンと呼ばれる仕組みで成り立っており、ブロックチェーンとはいくつかの取引をまとめたブロックにまとめて記録し、全取引が公開されている事で、不正な行いが出来ない仕組みになっています。取引の記録は大変強固な暗号化が行われているので、改ざんされる事を防いでいます。

 暗号通過の利点としては暗号通貨は個人間取引が出来るうえ、その際には手数料がかかりません。例えば普通日本国内で流通している通貨である円の取引は大概の場合が銀行を使うため、操作に対して手数料が発生しますが暗号通貨に関しては手数料が発生しません(若干の例外はあり)。例えば日本とアメリカ間の金融取引等に関しては、USドルと日本YENの間でカレンシーの違いがあるため、両替によって手数料が発生しますが、もともと暗号通貨はグローバルな共通ルールの上に成り立つ、世界的にスタンダードな通貨なので、両替費等が発生しないのも強みです。

 暗号通貨の使い方は、インターネット上の電子通貨なので、インターネット上での送金・決済・投資等を行う事が出来ます。暗号資産は暗号資産取引所というところで行われ、24時間365日運用が可能で、日本円の通貨との交換もここで行う事が出来ます。今までの各国の通貨の売買は、その国の取引所の運営時間内での取引となり、取引先の国が夜間のお休みの時間は、国によっては好きな時間に取引が出来ないのですが、暗号通貨売買のスマホアプリ等では、アプリ運営ポリシーによるPCやサーバ等の機器メンテナンス時間を省いて自由に取引が出来ます。